ムリスルマジメの学び暮らし

 元小学校教員が考えたことを発信するブログです

スポンサーリンク

失敗が好きな私の考え方

 

f:id:murisurumajime:20190109124827j:plain

こんにちは!ムリスルマジメです!

 

今回のテーマは『失敗が好きな私の考え方』

 

「失敗」ってネガティブな印象がありますよね。一方で「失敗は成功の元」とか「失敗をしたんじゃない。その分の方法を知ることができたんだ。」みたいな偉人の言葉があります。きっと失敗は大切なことだからポジティブに考えようという意味だと思います。私はちょっと違うんです。失敗が好きなんです。「あれ?自分はおかしいのか?」と思ったので考えてみました。

 

 

1.失敗が好きな理由

 

私は失敗するとうれしくなります。もちろん落ち込んだり嫌な気持ちにもなりますが、うれしくもなるのです。失敗したら「何でこうなったんだ?」から始まり「こうしてたらどうなったんだろう?」「だからこうなったのか!」「今度はこうしてみようかな」というように考えが駆け巡ります。私はその考える時間が好きです。私にとっては失敗は考える材料。しかも普段は出会えない特別な材料なのです。失敗すると「考えられる!」とうれしくなるのです。

 

2.友達が失敗したときの話

  

年末に旅行に行ったとき、友達と急いで券売機で券を買ってバスに乗り込むことがありました。その時に友達がスマートフォンを券売機の横に置いてきてしまいました。友達は失敗したと落ち込み、私に何度も謝りました。でも私は「このバスを止めていいものか」「スマホが券売機の横になかったらどうしようか」「置いてこないためにはどうすればよかったのか」などと考えることができたので友達に「ありがとう」といいました。そして感謝の理由を話したら、友達も笑顔になってくれました。このように私にとっては失敗は楽しいことなのです。しかもそれで友達も楽しくなってくれるなんて最高でした!

 

 

3.まとめ

 

POINT

・失敗は考えるための特別な材料

 

・友達の失敗からも考える

 

失敗からたくさん考えてたら楽しくなるよ!

 

 

失敗することも考えることも好きなムリスルマジメでした。