ムリスルマジメの学び暮らし

 元小学校教員が考えたことを発信するブログです

スポンサーリンク

何事も体験しなきゃいけないの?

 

f:id:murisurumajime:20190111111405j:plain

 

こんにちは!ムリスルマジメです!

 

今回のテーマは『何事も体験しなきゃいけないの?』

 

今は情報がたくさん手に入るので色々なことが体験できるなと思います。そんな中「何事も体験しよう」という言葉を聞いて「何でもやらなきゃ」と思う人もいるのではないでしょうか。色々な体験をたくさんしている人はすごいなと思いますもんね。でも本当に何事も体験しなくちゃいけないのでしょうか?マジメに考えてみました。

 

 

 

1.何事も体験する必要はない

 

私は「何事も体験する必要はない」と思いました。何事も体験するということはそれだけ時間をかけるということです。何に時間を使うかは自分でよく考えなくてはならないことで、何も考えずに体験するだけという時間は必要ないと思います。

 

もちろん「進んで物事に取り組もう」とか「やってみないとわからない」という前向きな気持ちを表した言葉だという考えは納得できます。しかし「何事も体験しよう」というのが気持ちの話だとしても、実際に前向きに体験するだけでは考えが足りないのではないかなと私は思うのです。

 

実は私は「何事も体験しよう」と思っていた人間でした。しかしある時お世話になっていた農家のおばさんに「何事も体験することが大切だと思うんです!」と話したら「じゃあ戦争も体験しなきゃダメ?」と聞かれハッとしたのです。今振り返るとおばさんは「何事も」=「全てのこと」ではなくて「何事も」=「善悪を考えたうえで行う価値のあるもの全て」であるといいたかったのかもしれません。

 

「何事も体験しよう」を実行するには「善悪の判断」と「自分の価値観」を考える必要があると私は思うのです。

 

 

2.体験の価値

  

善悪の判断をして自分の価値観がもてたらすぐに体験するべきだと私は思います。体験は考えるだけではわからないことをたくさん教えてくれます。体験した結果が「良かった」でも「悪かった」でもいいと思います。感情が動き記憶に残ることで体験はその後のヒントになっていくのです。これは私が失敗が好きな理由と同じなのかもしれません。

 

 

murisurumajime.hatenablog.com

 

私は「何事も体験しよう」に「善悪の判断」と「自分の価値観」をつけ加える必要があることを早いうちから子ども達に伝えるべきだと思います。子ども達には色々なことを体験させたい。なのでそのための体験の仕方も子どもと一緒に考えたいのです。そして大人達も進んで色々なことを体験するべきだというのが私の考えです。

 

なんてったて体験することは楽しいですからね!

 

 

3.まとめ

 

POINT

・「何事も体験する」に「善悪の判断」と「自分の価値観」を加えよう

 

・体験する価値は絶対にあるのでたくさん体験しよう

 

子どもも大人もたくさん体験することで人生が楽しくなるはず!

 

 

『人生は色々なことを体験して暇をつぶしていくゲームだ。』ムリスルマジメでした。