ムリスルマジメの学び暮らし

 元小学校教員が考えたことを発信するブログです

スポンサーリンク

お風呂で電子書籍を読む

 

f:id:murisurumajime:20190113075720j:plain

 

こんにちは!ムリスルマジメです!

 

今回は『お風呂で電子書籍を読む』という話

 

お正月にKindkle Paperwhiteを買いました。それ以来、Kindkle Paperwhiteが防水ということもあってお風呂で電子書籍を読むことが習慣になっています。その中で考えたことまとめて書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

1.Kindle Paperwhiteを使った感想

 

まずKindkle Paperwhiteについて少し書きたいと思います。紹介しているサイトはたくさんあるのでとりあえず1つ参考にリンクを貼っておきますね。

 

 

www.soredemotbc.com

 

私はあまり調べもせずに買ったので使いながら気づくことがたくさんありました。いいも悪いも自分なりに書いてみます。

 

<良い所>

・すぐに本が手に入る

・防水機能がついている ※2018年発売の新しいもの

・たくさんの本をまとめて持ち運べる

・端末だけでマ―キングやメモをして読書できる

・画面を光らせていないので目が疲れにくい

・980円/月で読み放題(Kindle Unlimited)で大量に安く本が読める

 

 

55kengo.com

 

<気になるところ>

・パソコンやスマホに比べて操作速度が遅い

・ページが白黒反転する

・カラー表示できない

 

こんなところでしょうか。ちなみに気になるところは数日で全て慣れました。今では良い所ばかりで読書を楽しむことができています。

 

 

2.お風呂で読書するメリット

  

お風呂で読書するメリット

 

・リラックスして読める

・誰にも邪魔されずに読める

・静かな環境で読める

・他にやることがないので集中して読める

 

今回のブログで伝えたいことはこれです。元々、私は日常的に読書をする方ではありませんでした。そんな私が読書を習慣化することができたのは上記のKindkle Paperwhiteの利点にお風呂が加わったからだと思っています。お風呂は読書環境を急激にアップデートさせるのです!とにかく「集中できる」というのが私の印象で、いつの間にか30分たってしまったということが毎日繰り返されています。

 

読書する習慣を身につけたいけれどなかなか身につかないという人は試してみてはいかがでしょうか!

 

3.まとめ

 

POINT

・Kindkle Paperwhiteはおすすめ

 

・お風呂に持ち込んで読むと集中できる

 

・読書が習慣化できない人はぜひお試しください!

 

 

今年はたくさん本を読んでアウトプットしていきたいムリスルマジメでした。