ムリスルマジメの学び暮らし

 元小学校教員が考えたことを発信するブログです

スポンサーリンク

こんなささいなことが楽しい!⑤「筆記体を習ってないから書けるように練習する」

f:id:murisurumajime:20190222102613j:plain

 

 

 

 

こんにちは!ムリスルマジメです!

 

 

今回は『こんなささいなことが楽しい!⑤「筆記体を習ってないから書けるように練習する」』という話

 

 

 
 

 前回のささいなこと記事

www.murisurumajime.site

 

 

1.筆記体を習った?習ってない?

 

 

教員には「子どもにサインを求められるあるある」というものが存在します。

 

 

私はイラストと名前を組み合わせたものを書いていたのですが、ある先生が筆記体で名前をサラサラっと書いていたのを発見しました。

 

 

その時に「そういえば筆記体って習っている人と習っていない人がいるって聞いたことあるな」とふと思いました。

 

 

その時も調べたのですが忘れたのでもう一度調べよう(笑)

 

 

改めて調べてみると

 

 

転換点となった学習指導要領(2002年度施行)が適用されたのは、1989年度以降に生まれた人から。同年は昭和64年、平成元年にあたり、だいたい「中学校で筆記体を習った=昭和生まれ」「習っていない=平成生まれ」という図式になります。

  

 

ということのよう。

 

 

実際は昭和生まれでも筆記体を習ってない人もいるようです。

 

 

そう。私は筆記体を習っていないので全く書けないのです。

 

 

2.筆記体って何かかっこいい!

 

 

できないことに興味をもつのは私の性分。

 

 

そこで少し筆記体について考えてみました。

 

 

筆記体といえば

 

・カルテ

・サイン

・メモ

 

 

が頭に浮かびました。(というかこれぐらいしか浮かばない)

 

 

私は医者じゃないし、カルテを読むこともきっと一生ない。

 

 

私は支払い現金派。サインすることはめったにない。

 

 

メモは日本語の方がいいだろ。外国の人にメモを見せることはきっと一生ないパート2。

 

 

 ・・・筆記体使わない説\(^o^)/

 

 

って言っても知識がないだけで英語圏に行ったら必要とされるでしょ。

 

 

現代アメリカでは、筆記体は使う人も使う機会もかなり減ってきているようです。筆記体を書けないどころかまともに読めないという若者がいても驚くことではないレベルです。

 

 

嘘でしょ・・・

 

 

欧州圏の国々は、自国語の筆記体表記を学校で学びます。文字を手書きする場合は筆記体を好んで用いる人もまだまだ多いようです。

 

 

よし!!

 

 

・・・

 

 

何を一喜一憂してるんだ俺は。

 

 

筆記体何かかっこいい!だから書けるようになりたい!

 

 

それだけで練習する価値は十分あるでしょ\(^o^)/

 

 

3.筆記体を書くための練習法

 

 

ということで練習しようと決意した私はさっそく教材を探し始めました。

 

 

そしたら何やらおすすめ教材を発見☆

 

 

 

 

さっそく購入してやってみました。思いのほか良かったので、皆さんにもご紹介。

 

 

見開きはこんな感じ。

f:id:murisurumajime:20190222162925j:plain

 

 

左上にブロック体の例文(読む用)

f:id:murisurumajime:20190222162930j:plain

 

 

左下に訳文と解説。

f:id:murisurumajime:20190222162934j:plain

 

 

右はなぞるページ。

f:id:murisurumajime:20190222162937j:plain

 

 

この本は以上のような構成で英語の名文が60掲載されています。

 

 

後はただひたすらなぞるのみ・・・と思いきや。

 

 

「なぞり方さえわからん!」という事態が発生。

 

 

そういう時にはここを見ます。

 

 

表紙のすぐ裏

f:id:murisurumajime:20190222162830j:plain

 

 

 裏表紙のすぐ裏

f:id:murisurumajime:20190222162916j:plain

 

 

最初の頃はなぞり方がわからなくなるとここを見て練習していました。

 

 

そしてなぞりが終わったらなぞった下に真似して書き、最後に左側のブロック体を見ながら筆記体にする。そしたら筆記体が書けるようになってるだろうという私の計画。

 

 

つまり「写して書く⇒見て書く⇒ブロック体を見て書く⇒書きたい英文を書く」という流れで練習していく予定です。

 

 

私は写して書いている途中なのですが楽しいです!

 

 

できないことができるようになのもそうですが、私は集中している時間を過ごすのがどうやら好きなようです。

 

 

皆さんも新しいことに挑戦して楽しみましょ~!!

 

 

「熱意は伝染する」

 

 

4.まとめ

 

POINT

筆記体を習っていないのは平成生まれの人(昭和生まれでも習っていない人は少しいる)

 

筆記体って何かかっここいい。だから練習する!

 

・私の練習法は「写して書く⇒見て書く⇒ブロック体を見て書く⇒書きたい英文を書く」(予定を含む)

 

・「できないことができるようになる」「集中している時間を過ごす」のが楽しい!

 

 

 

 

よろしければこちらも\(^o^)/

www.murisurumajime.site

 

 

 

 

これからもできるようになることを楽しんでいくぞ~ムリスルマジメでした。