本を読んだら意外に書けた

好き勝手に書いた後にそっと本を紹介します。

スポンサーリンク

考えすぎて嫌になる時の対処法

考えすぎて嫌になる・・・そんな気持ちになったことはありませんか?

 

今回はそんな時の対処法について書いてみました。

 

対処法は簡単なものばかりですので、ぜひお試しください。

 

読んで考えすぎて嫌になる毎日から解放される人が少しでもいたらうれしく思います。

 

 

他のことに集中しよう

f:id:murisurumajime:20191014191457j:plain

 

考えすぎて嫌になるときにすることはたった1つです。

 

それは「他のことに集中すること」

 

集中して他のことを考えられなくしてしまいましょう。

 

「そんな簡単に集中できたら苦労しないよ」という人もいると思うので、次からは集中する方法の具体例を3つ紹介します。

  

集中するための具体例

 

f:id:murisurumajime:20191014191507j:plain

好きなことをやる

好きなことをやってるときは時間があっという間に過ぎてしまいます。

 

これは集中している何よりの証拠です。

 

また好きなことは自分の気分を良いものにしてくれるという効果もあるので、これができれば最高です。

 

激しく運動する

「すぐに集中できるほど好きなことがない」という人におすすめなのは激しい運動です。

 

激しいという言葉に拒否反応を起こす人もいるかと思いますが、ここでいう「激しい」=「考える暇を与えない」ということです。

 

なので激しさは人によって違います。

 

すぐにできるのはランニングや筋トレでしょう。息が上がってしまうくらいの運動をすれば考えごとは止まります。

 

汗をかいて考え事も一緒に流してしまいましょう。

 

感覚を意識する

「激しい運動なんてしたくない」という人には感覚を意識することをおすすめします。

 

これが最も簡単な方法です。

 

目を閉じてゆっくり呼吸をし、呼吸音に耳をすましましょう。

 

肌に触れているものを意識したり、身体をゆっくり動かしてみるのも効果的です。

 

そうすることによって集中することができ、考えることを止めることができます。

 

まとめ

 

考えすぎを止めることができれば、生活の質が高まります。

 

他のことに集中して考えすぎを止めましょう。

 

考えすぎて嫌になるときの対処法

・好きなことをやる

・激しい運動する

・感覚を意識する