本を読んだら意外に書けた

好き勝手に書いた後にそっと本を紹介します。

スポンサーリンク

習慣化するための最高のご褒美

f:id:murisurumajime:20191122145553j:plain

 

良い習慣を身につけたいと思っている人は多いと思います。

 

早起きしたい。

 

ダイエットしたい。

 

運動したい。

 

勉強したい。

 

習慣化できたら苦もなくできるのに。そう思いませんか?

 

習慣化するために必要なもの

 

習慣化しようとすると必ずといっていいほどネガティブな思考が生まれます。

 

早起きしたいけど眠い。

 

ダイエットしたいけどお腹すいた。

 

運動したいけど疲れた。

 

勉強したいけどつまらない。

 

そんな負担を乗り越えるにはどうすればいいのか?

 

方法はたくさんあると思いますが、その中の一つに「ご褒美を用意する」という考え方があります。

 

ご褒美を何にするか?

 

ではご褒美は何にするのが良いのでしょうか。

 

もちろん人によって「ご褒美」という言葉から思い浮かべるものは違います。

 

美味しいもの。

 

欲しいもの。

 

好きなもの。

 

もしかしたら好きな人からの言葉という人もいるかもしれません。

 

しかしここに一つ問題があります。

 

その問題とはこれらのご褒美が常に自分にとってご褒美になるのかということです。

 

お腹がいっぱいの時は美味しいものはいりません。

 

欲しいものは一度買ってしまえばもういりません。

 

好きなものを同様です。

 

好きな人からの言葉は自分や相手の機嫌によって感じ方が変わるでしょう。

 

習慣をつくるための最高のご褒美は「自己肯定」

 

私は習慣をつくるための最高のご褒美は自己肯定だと思っています。

 

先ほど述べたように物や誰かからもらえるものは常に自分にとってのご褒美になるとはいえません。

 

それに比べて自己肯定する気持ちはどうでしょうか。

 

自分が思う気持ちですからもらえないことはありません。

 

「自分を肯定できない」という状況も考えられますが、自分に負担をかけて習慣づくりに取り組んでいる自分を肯定できない可能性は低いです。

 

つまり自己肯定は常にもらうことができる最高のご褒美と言えるのです。

 

まとめ

 

自分をたくさん褒めてあげていい気持ちになることで、習慣づくりに励みましょう。

 

・習慣づくりには負担がつきもの

・習慣づくりにはご褒美があるといい

・最高のご褒美は「自己肯定」