本を読んだら意外に書けた

好き勝手に書いた後にそっと本を紹介します。

スポンサーリンク

ブログを書き続けることができない理由とこれから求めること

 

ログを書き続けることができない理由

はてなブログを開設してもうすぐ1年がたとうとしている。1年は365日。そう、365日あったはずなのに。ブログ記事は現在書いているものを入れて12。

 

通算では60くらいは書いたんです。それを消しては書き、消しては書きとしていたら12です。

 

何で消したかというと自分のブログに納得いかなかったから。読んでて楽しくなったりタメになったりするブログにしたいと思ったら自分の書いたブログなんて全然だと思ってしまう。そう思って削除。書いては削除。その内にやる気なくすというのがお決まりのパターン。

 

それでも何度かトライした。&エラーした。そして1年がたった。

 

f:id:murisurumajime:20191125230452j:plain

 

ライ&エラーの行きつく先

 トライ&エラーの行きつく先はどこだろうか?それは「求めているもの」か「あきらめ」だと思う。あきらめなければ求めているものへたどり着く。では自分が求めているものとは?

 

これだ。ここへの具体的な回答がないのがブログが続かない理由だ。もちろん読んでて楽しいとかタメになるかどうかっていうことを求めていたわけなんだけど。それって結局、読者に直接聞いてみないとわからないと思ってしまう。ペルソナとか読者の目線で書くのが大事というのはわかるけど、そういう考え方では続かなかったのが私のブログ。

 

トライ&エラーの先を決めよう。トライ&エラーの先は・・・人とお金だ。

 

人というのは人とのつながり。人とつながって将来へのヒントが得られればいい。教員を辞めて1年半。実家の工務店で働く私に人とのつながりはほぼないと言っていい。別にそれでもいいんだけれど、人とつながることで楽しくなったり嬉しくなったりすることは経験としてわかる。それにこれから何か違う道で生きていけないかを考えている私にとって人から受ける刺激は必要なことだと思っている。

 

そしてお金。ブログは稼げるらしいと聞いてブログを始めたことを思い出した。もはや稼げるわけないだろと思う自分もいる。アドセンスは1年で400円程度。アフィリエイトは一度も発生したことありません。でも稼いでいる人もいるんだから稼げるのかな?いや稼げないのかな?自分の身の回りにブログやっている人はいない。ブログで稼ぐなんて夢物語だと感じる。なんてところをうろうろしているからブログが続かない。ブログで稼げるのかやってみましょうよ。

 

ブログをやることで求める物は「人とのつながり」と「稼ぐこと」。