本を読んだら意外に書けた

好き勝手に書いた後にそっと本を紹介します。

スポンサーリンク

Amazon Kindle Unlimeted 読み放題で学ぶ「夢の叶え方」

 の叶え方

 

私は「Amazon Kindle Unlimeted」という月額980円で本が読み放題のサービスを約1年使っています。今日からはそのサービスで読める本を紹介していきます。本の楽しさが伝わって、本がこのブログから読まれて、アフィリエイトでどうにかこうにかなればいいなと思う気持ちがあることはご愛敬。本の紹介は本気でやります。

 

 

今日の本はこちら。

 

 

 選んだ理由はタイトルなんです。私は「夢」って言葉が好きな青春野郎です。漫画もスポーツ漫画や学生漫画ばっかり読んでいます。しかもちょっと変わったとか言われると気になるんですよね。読み放題なのでちょっと気になったらポチってしまいます。

 

この本は「はじめに」からおもしろかったですよ。

 

著者の心屋仁之助さんは武道館でライヴ&トークショーをしたんですって。しかも1人でピアノとギターの弾き語り。やばっ。しかもピアノは、習い始めて8ヶ月・・・やばばっ。

 

元々、武道館で何かをするのが心屋さんの「夢」。その夢を抱いたのが2007年。ブログに夢を書いたのが2009年。武道館でライヴ&トークショーとしたのが2017年。一体、その間に何があったのよ!って感じですよね。

 

何があったかは本を読んでもらうとして、心屋さんの「夢を叶えるために大切な4つのこと」を紹介します。

 

心屋流夢を叶えるために大切なこと

 

①夢は叶えなくてもいい

②自分は、その夢を叶えてもいい

③努力しない

④夢を叶えるのは自分ではない

 

f:id:murisurumajime:20191130165149j:plain

 

を語っている時は誰もが幸せ

 

何か拍子抜け(笑)

 

だって夢を叶えるために「夢を叶えなくてもいい」って・・・その後も「自分は、その夢を叶えてもいい」「努力しない」「夢を叶えるのは自分ではない」・・・

 

どういうこと?(笑)

 

ここからは私なりに考えたことを書いていきますので、心屋さんの考えを正しく知りたい方はぜひ本をご覧ください。

 

一番大事なことは夢は何のためにあるのか?ってことだと思うんです。私は夢は幸せになるためにあると思います。心屋さんも同じことを言っているのかなと。

 

夢を語っている時に不幸な人はいません。むしろ幸せな気持ちを感じている人が多いはず。でも苦しいという気持ちの人はいるかもしれない。それは「叶えなくちゃ」「努力しなくちゃ」と思っているから。だから心屋さんは夢は叶えなくてもいい、努力しないというのではないかなと思います。最も大事なことは夢を考えて、夢のために行動して幸せになることだから。そして夢は叶えてもいいものです。叶えたら幸せになれるからです。

 

では幸せを継続したまま夢を叶えるにはどうしたらいいのでしょうか。そこで夢を叶えるのは自分ではないが出てきます。夢というものは非現実的とも言えます。なので自分の力で叶えるにはどうしたって強い意志や人一倍の努力が必要です。多くの人がそう考えると思います。

 

でも心屋さん流の夢の叶え方では努力は御法度です。だから人が必要なのです。自分でできなければ人に助けてもらうしかないのです。言い方を変えれば人に助けてもらえば努力しなくても夢を叶えることができるということです。

 

まぁ、そうは言っても努力しようとしていない人は助けてもらいにくいでしょうし、実際に努力しないで叶う夢って私からすればイマイチなわけです。夢をもっとカジュアルに考えて達成までの継続を重視するのはありかなー

 

私の考えをまとめると

・夢の目的は幸せになること

・〇〇しなきゃと力まず、夢を幸せなまま追いかけることが大事

・といっても夢に向かって努力するから夢なんだと思う

・夢をカジュアルにしたらそれは夢ではない気が私はする 

・でもカジュアルに考えて継続することを重視するならあり

 

 基本的に私はスポコンが好きなので(笑)皆さんはどうでしょうか?ぜひご一読していただいて考えを聞かせて下さいね~

 

本日もお読みいただいてありがとうございました。またお願いいたします。